HOME>特集>任意整理では厳しい借金の解決に最適な方法

まずは取立てを止めよう

名古屋で多額の債務を抱えている人は、自己破産の前に個人再生を検討してみましょう。昔は債務整理と言えば任意整理と自己破産の二択になることが多かったですが、最近は個人再生をする人が増えてきました。他の債務整理と同じく、取立てを止めて健全な日常生活を取り戻せます。弁護士に依頼する効果は抜群で、受任通知の書類が債権者に届くと、その後は一切の取立てが来なくなります。

半年くらいで解決できる

裁判所を通す必要がある個人再生は、手続きから完了まで半年くらいです。再生計画案の提出後、認可されてから毎月の返済がスタートします。名古屋の法律事務所に依頼した場合の費用は、40万円前後と考えてください。

借金は5分の1まで圧縮される

裁判所への申し立てが不要な任意整理に対して個人再生は申し立てが必要になりますが、減額できる借金は非常に大きくなります。5分の1くらいまで減らせますので、任意整理で処理できない多額の債務は名古屋で個人再生をして解決してください。

すべての債務が対象になる

任意整理は債権者の選択権がありますが、個人再生は選択することができません。すべての債務を整理することになるので、整理する債権者が多い状況ほど費用対効果は高くなります。債権者が1件でも5件でも弁護士報酬に大きな違いはないです。名古屋で個人再生をすれば、ローンだけでなくクレジットカードの債務も圧縮できます。